最小限の努力で東北大学に合格する方法(pdf版)

普通の高校生が理解できないことは、一切書いてありません。

さまよえる受験生のみなさん、こんにちは。 私が東北大学に入ってみて受験に関して思ったことは、「みんな学校の先生のいいなりになって合格してきてるんだなぁ」ということです。

つまり、東北大学を受験したいと思っている受験生のなかには、学校の成績なり模試の成績が悪くて学校の先生に見放され、泣き寝入りするなり志望校のレベルを下げている、という現実があるのではないでしょうか?

あるいは受験したいがいまの実力じゃ無理だと先回りしてあきらめている人もいるでしょう。だとしたら、とてももったいないことです。

目標とは、誰に何を言われようともあなたが決めたいように決めるものです。

このテキストを読んでくれた受験生のみなさんが、少しでもまわりのしがらみから解放され、夢に向かって効率的に勉強していくことができるようになれば、この上なく幸いに思います。

最小限の努力で東北大学に合格する方法(pdf版)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。